RYU基本型について 硬式内野手用ITT型 折り返しハーフが自由度を上げるグラブ

今日も行橋は雪が降っています

積もることは無いとは思いますが

皆さん、運転などは充分気をつけてください!

RYUグラブの基本型紹介

今日は内野手用ITT型 折り返しハーフが特徴です

通常のグラブは受球面から折り返しが手の甲の部分まで届いています

これが通常の折り返し部分

折り返しハーフの特徴

受球面からの巻き込みが少なくハミダシが入っているので

ウエブ下の部分が柔らかくなりやすい

これが特徴なので、個人的には折り返しハーフにはHウエブなど

ウエブと折り返し部分が繋がっていないウエブの方がメリットが大きいと思います

こちらは外野手用なのでこういう構造なのですが

このようにしてしまうと、折り返し部分の柔軟さが損なわれてしまいますので

メリットを打ち消してしまうことになります

オーダーグラブを作る時などはぜひ気にしていただければと思います

ITT型の特徴

・深くも浅くも扱える内野手用。特徴的な折り返しが内野ならではの柔軟なグラブの開閉をサポート

特徴

・大きさは二塁、遊撃向けの小型内野手用

・折り返しハーフで開閉をしやすく

・手の平、ウエブ下のポケット設定

・握替えを意識した浅めの設計

このように土手が広めの設計になっていますので

ボックス型が合う!

と思います

まとめると

・ウエブ下ガッチリ掴み ⇒ ICK,ICKL型がおススメ

・手の平捕球握替え速く ⇒ ITT型がおススメ

と、言えると思います

グラブ選びの際には参考にしてください


こちらのオレンジは2月1日販売開始です

ご予約、お取り置きは店頭販売のみ受け付けております

ぜひ店頭でRYUの素晴らしさを体感してください

高校野球仕様コルク販売中です



にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です