甲斐拓也選手のミット考察

NPBもキャンプが始まって店舗のTVではDAZNでキャンプの模様を流しています

先日Xを見ていると

甲斐選手がウイルソンのCM33型を!?

人のミットで練習したりしないだろうから自分で使っているミットだと思うのですが

思いっきり定番のCM33型でした

甲斐選手といえば、ハタケヤマの看板選手でもあり甲斐モデルも広く知れわたりました

これです!

指芯が薄くてポケットが浅く、手の平ポケット

ウエブ側の親指の部分が極端に短いので

ポケットが深くできる構造になっていないです

CM33型はというと、ウエブ側の親指も長いし

横長でポケットはウエブ下に深いのが特徴

確かにコンパクトで小さいミットではあると思いますが

私が見る限りだいぶイメージが違うと思います

甲斐選手は昨年の自主トレの時も

小林誠司選手のミットを使っていることがありシーズン中も

実は青いミットを使っている試合が数試合ありました

最初、小林選手のミットで試合出てるんか~

よっぽど、何かあったんだな!

と思っていましたが実際はハタケヤマの青いミットでした

ハタケヤマ社の公式Xでも紹介されていて驚きましたが

これ、よく見るとウエブ側の親指の長さも違うし、それに合わせてウエブも変わっています

捕球面を見ても、通常よりもウエブ側が深くなっているのが分かりますね

ただ、昨シーズンはほぼほぼこのブラックのミットを使っていましたので

ASバックにはなっていますがw

色々試しながらやっているのが分かります

某メーカーの方に話しを聞いた時は

小さいミットだとカットボールなどの小さい変化球で不安があるから

少し大きいのを試している

というような話も聞きました

これからどうなるか楽しみではありますね

今ミットのトレンドは

深くてコンパクトなミット

なので、そこに近づいてくるかもしれません

また新しい情報あったら発信していきたいと思います

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です